大都神楽団紹介

 平成11年8月に「石見神楽で何か新しい表現ができないか」と発足した進出気鋭の神楽団です。
 神話等から取材された古典演目は、より土臭く荘厳で神秘的で、捜索演目ではより新鮮で奇想天外な展開を・・・娯楽多様な現代にあっても皆様に共感していただけるように日々挑戦し続けています。



◎名前の由来
「大都神楽団は、所在地がありません。そこで命名する際、団員が邑智郡桜江町(現江津市桜江町)と江津市在住の者が中心だったのでそれぞれをとって「邑津(おおつ)」。そして各所に舞を上演しにいくわけですが、その場所がより一層大きく都のように繁盛・発展していくイメージを込めて「大都(おおつ)」と命名しました。」

◎練 習 日
毎週火曜日、金曜日(公演前は追加あり)午後8時より

◎練 習 場

島根県江津市後地町の大都神楽団道場
R9号線沿い ドライブステーション舞乃市内 

☆今大都神楽団では様々な募集をしています☆
・神社の例大祭、結婚式、宴会、各種イベント、老人ホームの慰問など皆様からの出演 依頼をお待ちしております。御気軽に下記まで御連絡下さい。
・団員を募集しております。今、団員が少なく神楽上演の時、人手不足で困ります。興味のある方、やる気のある方、お手伝いしていただける方、男女年齢は問いません。ぜひ練習場へお越し下さい。又、楽屋裏まで見に来て頂き気軽に声を掛けてくださっても結構です。御連絡頂ければ大変嬉しく思います。神楽についてもっと知りたい、お話したいという方も大歓迎です。


☆連絡先☆

大都神楽団事務局
団長 恵木(えぎ)英臣宅まで

〒699−2842
島根県江津市都治町441−4
TEL (0855)55−0161
FAX (0855)55−0161

inserted by FC2 system